カマグラとお酒の相性は?

カマグラを服用する時はお酒を控え目に

1. カマグラとお酒の相性は?

強く硬い勃起力をサポートするカマグラの素晴らしい効果は巷に知られています。しかし、カマグラとお酒の相性は一体どうなんでしょうか?

カマグラバイアグラのジェネリック医薬品であるために、お酒との相性もバイアグラのものと類似しています

通常、医師はED治療薬とお酒を一緒に飲むことを推奨しません。

バイアグラとカマグラは特に、お酒と相性の良い種類のED治療薬ではありません

全てのED治療薬は、お酒と一緒に服用しない方が良いのですが、バイアグラ系のED治療薬よりもレビトラやシアリスのほうが、お酒の影響を受けにくいとされています。

バイアグラやカマグラなどのED治療薬を服用し始めて間もない男性たちの多くは、一緒にお酒を飲まないようにという、注意書きについて知らないことがよくあります。

2. 少量のお酒なら大丈夫

一般的に男性は、セックスの前にお酒を飲むと、リラックスすることができるので性的な関心をより高め、良い効果を得ることができると信じてしまいがちです。

しかし、大多数の医師は通常、ED治療薬とお酒を一緒に飲むことを推奨していません。

少数の医師は、状況によって、少しのお酒ならリラックスさせ緊張を解きほぐすので、飲んでも大丈夫だと指示する方もいます。

実際には、EDを患っているということは、心因性EDでない限り、心血管の疾患、糖尿病や高血圧、肥満などの他の症状を患っている可能性が高いということになります。このような病気を患っている場合は、お酒を少ない量でも飲むことは推奨されていません。

3. 最善はお酒と一緒には飲まない方が良い

カマグラと一緒にお酒を飲み続けると、時間が経つにつれて間違いなく強い勃起を得る力が減少し続けるでしょう

カマグラの効果を最大限引き出すためには、カマグラを服用する直前にお酒をたくさん飲まないことを強くおすすめします。お酒を服用するとカマグラの効果が減少してしまいます。

またカマグラを服用してお酒を飲みすぎると、副作用の悪影響が高まる可能性があります。

例えば頭痛、めまい、顔のほてり、消化不良、下痢などが深刻化するおそれがあります。お酒をたくさん飲んでカマグラを服用すると、これらの副作用が強くなりすぎて、通常のセックスをすることが困難になる可能性さえあります。